よく噛むと若返る!?

親から「よく噛んで食べなさい」と教えられた人も多いのではないでしょうか。

実は、よく噛むことはアンチエイジングに繋がります。

若々しく見える人は、健康で美しい歯をキープしています。

その歯で、食べ物をよく噛むと若返り効果があるのです。

なぜ、よく噛むことがアンチエイジングに繋がると思いますか?

それは、よく噛むことで唾液の分泌量が増えるからです。

唾液に含まれている「アミラーゼ」は、消化酵素の1つです。

食べ物の消化を助けて、栄養素の吸収を促してくれます。

また、唾液に含まれる「ペルオキシダーゼ」は発がん作用のある物質の毒性などを分解してくれます。

他にも、老化現象を引き起こす活性酵素を抑制する働きもあるのです。

さらに、唾液には若返りホルモンである「パロチン」が含まれています。

パロチンは、耳下腺から出る唾液のみに含まれている成長ホルモンの一つです。

赤ちゃんが口から垂らしているサラサラした唾液には、「パロチン」がたっぷり含まれています。

パロチンは骨や歯の再石灰化を助け、皮膚の新陳代謝を活発にしたり、筋肉・皮膚・内蔵・目・髪などの成長を促します。

皮膚の新陳代謝がアップすれば、常に若々しいお肌をキープできますよ。

また、よく噛むことで頭部の血管の循環が促進されます。

その結果、脳神経が刺激されて脳の働きが活性化するのです。

逆に、よく噛まないと学習能力や記憶力が低下し、認知症のリスクが高まると言われています。

噛む回数の目安は、一口につき30回です。

片方だけで噛んでいるとお顔のバランスが崩れてしまうので、左右交互に噛むようにしましょう。

ここで、ガムを使った咀嚼筋のエクササイズをお伝えします。

少しだけガムを噛んで、柔らかい状態になったら準備万端です。

①〜⑤を1セットとして、1日に1〜2セット行うと効果的ですよ。

たくさん噛んで、若々しさを維持しましょう!


歯に関するご相談。ご予約はお電話にて承っております。

関連記事

  1. 歯科ドックってなに?

  2. 妊娠時に気をつけるべき口腔内の変化

  3. 歯の着色の種類

  4. 災害時の口腔ケア

  5. 甘くみてはいけない歯ぎしり

  6. 歯が健康だとメタボの予防になる!?