8020運動を知ろう!!

こんにちは!平野歯科医院 藤沢です。

「お年寄りになったら歯が抜けて入れ歯になってしまう」というイメージを持たれている方もたくさんいらっしゃると思います。
しかし、実は歯には寿命がないと言われています。歳をとると歯が寿命で抜け落ちてしまうというよりも、日頃の手入れの成果で残る歯の本数が決まるのです。つまり、若い頃から歯の手入れをよくして大切にしていれば、多くの歯を残せる可能性が高いのです。

ところで、みなさんは「8020(ハチ・マル・ニイ・マル)運動」という言葉を耳にしたことはありますか?8020運動は、80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動です。平成元年(1989年)に厚生省(当時)と日本歯科医師会が提唱して開始されました。

8020運動が提唱される以前には、「一生自分の歯で食べよう」という言葉がよく使われていましたが、「8020」は、これを「数値目標化」したものといえます。

ちなみに80歳という目標は、提唱当時の日本人の平均寿命から算出されているので、平成元年から30年以上経った今では、男女ともに平均寿命が伸びていますよね。そして20本という数字は、「自分の歯で食べられる」ために必要な歯の数を意味します。調査によれば、20本以上の歯が残っていれば、硬い食品でもほぼ満足に噛めることが明らかになっているのです。

8020運動が開始された当初、「8020」を達成している高齢者は10人に1人にも満たなかったそうです。しかし、その後「8020」達成者の割合は増加し、近年では、75~84歳の51%が20本以上の歯を残しているそうです。歯科技術の進歩もそうですが、こういった運動が周知された影響は大きいと考えられます。

そして、現代の歯科は予防歯科とも言われており、トラブルが起きたから歯科にいくのではなく、未然にトラブルを防ぐことが大切にされています。こういった意識の変化も「8020」の達成に大きく役立っていることでしょう。

みなさんも死ぬまで自分の歯!目指しましょう。

歯に関するご相談・ご予約はお電話にて承っております。

関連記事

  1. ちょっと面白い話 ーネイルと歯の関係ー

  2. フィンランドに学ぶ予防歯科

  3. フッ素ってなに?虫歯予防できるの?

  4. 抜歯した歯を冷凍保存できる!?

  5. 歯磨き後のうがいは、たった1回で大丈夫?

  6. 抜歯をするとき、何に気をつけたらいい?