歯ブラシ以外のおすすめ予防ケア

歯ブラシ以外のおすすめ予防ケア

こんにちわ!!
平野歯科医院 藤沢です。

今日は「歯ブラシ以外のおすすめ予防ケア」についてお知らせしますね。

 虫歯にならないように毎日の歯磨きをするのはとても重要です。
しかし、歯磨きだけでは、歯のトラブルを防ぐのに完璧とは言えません。
みなさんはどんなケアをしていますか?

今回はおすすめの予防ケアをお伝えします。

 まず、1つ目はデンタルフロスを使用することです。
デンタルフロスは歯についたプラークを取るのに有効とされています。
プラークとはいわゆる、歯垢と呼ばれるもので、細菌と代謝物の塊です。プラークは唾液や歯磨きでも取ることができますが、歯の間や歯と歯茎の境目などは、汚れが取りづらいのでデンタルフロスを使うと良いでしょう。

 デンタルフロスには、糸巻きタイプとホルダータイプがあります。
糸巻きタイプは、フロスを40センチ程度に切り、指に巻き付けて使用します。フロスを歯の隙間に入れ、歯の表面を擦るように動かしましょう。もう一つのホルダータイプは、プラスチックの持ち手に糸があらかじめついているタイプです。持ち手がついているので、初心者の方にも扱いやすくなっています。

 2つ目のおすすめケアは歯間ブラシを使用することです。
歯間ブラシもデンタルフロスと同じ歯と歯の間を綺麗にするための道具です。歯間ブラシには種類がたくさんあるので、使用する部位や歯の隙間のサイズに合わせて選びます。
とは言っても、自分ではどれを選んでいいのか解りづらいので、かかりつけの歯科医師に相談して、適したものを選んでもらうことをおすすめします。

 サイズが合わないものを使用すると歯茎を痛めてしまう可能性があるので注意しましょう。
歯間ブラシは、デンタルフロスと違って、洗って何度も使用できますが、ブラシの毛が乱れてきたら交換の目安です。また、使用後は流水で洗って、よく乾かすようにしましょう。

 デンタルフロスも歯間ブラシも1日一回以上、毎日の習慣として使用することで、虫歯だけでなく歯周病なども防ぐことができます。

 是非、日頃の習慣から歯の健康を守っていきましょうね。


歯に関するご相談・ご予約はお電話にて承っております。

関連記事

  1. お歯黒のむし歯予防効果

  2. 八重歯が可愛いと感じるのは、日本人だけ?

  3. 炭酸飲料は歯を溶かすって本当?

  4. 歯にまつわることわざ・慣用句【超上級編】

  5. 妊娠中のオーラルケアのポイント

  6. 酸蝕菌(さんしょくし)ってなに?