口内炎と間違えやすい病気

誰でも、人生で一度は口内炎になったことがあるのではないでしょうか?

口内炎は特にめずらしいものではありません。

しかし、中には口内炎と似ている別の病気も存在します。

口内炎以外の病気を放置していると、命に関わることもあるので注意が必要です。

まずは、口内炎と区別するためのセルフチェックをご紹介します。

次の中に当てはまるものがあれば、すぐに医療機関を受診しましょう。

・2週間以上経っても治る気配がない

・痛みをほとんど感じない

・舌が痺れたり、しこりがある

・口内炎から出血している

・周囲との境界線がはっきりしない

・1つではなく、たくさんできている

・体の他の症状も併発している

今回は、口内炎と似ている「フィステル」と「口腔ガン」についてお伝えします。

フィステルは、膿が排出される出口のことを指します。

歯根が割れてその周囲が細菌感染を起こし、膿が溜まっていたり、歯根の先端に膿が溜まる「根尖性歯周炎」になっているかもしれません。

フィステルの特徴は、歯茎が腫れて膿の先端部が白く見えることと、痛みをほとんど感じないことです。

フィステルは口内炎とは違い、自然に治ることはありません。

原因を取り除くまで存在し続け、膨らんだり潰れたりするのを繰り返します。

次は、口腔ガンです。

口内炎だと思っていて放置していたものが、口腔ガンだったら恐ろしいですよね。

口腔ガンも潰瘍の状態になることがあるため、口内炎と間違われやすい病気の1つです。

フィステルと同じように、口腔ガンの潰瘍も痛みを感じることはほとんどありません。

こちらも自然に治ることはないので、2週間以上存在している場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

フィステルの場合は、レントゲンを撮ることで原因が明らかになります。

その時の状態に合わせて、抜歯をするか根の治療をするかを選択します。

また、口腔ガンの場合は口腔外科にて詳しい検査を行います。

検査の結果を受け、適切な治療をしていきます。

口内炎は1〜2週間以内に治るものがほとんどです。口内炎がなかなか治らず長引いている場合は、早めに歯科医院を受診するようにしましょう!


歯に関するご相談・ご予約はお電話にて承っております。

関連記事

  1. 授乳期の赤ちゃんのむし歯予防

  2. 口臭に気をつけよう!口臭の原因とその予防

  3. なぜ乳歯は永久歯になるの?

  4. 虫歯を放置してはいけません!

  5. むし歯があると宇宙飛行士になれない?

  6. 酸蝕菌(さんしょくし)ってなに?