むし歯があると宇宙飛行士になれない?

宇宙飛行士になるためには、さまざまな訓練を受けなければなりません。

宇宙飛行士は打ち上げの前に、外れそうな詰め物はないか、治療が必要な歯はないか歯科医師の検診を受けます。

宇宙服を普通に着ると、膨れ上がって行動しづらくなってしまいます。

そのため、宇宙服内の圧力は約0.3気圧に下げているのです。

宇宙飛行士はこの減圧環境の中で作業をして、宇宙船の中では宇宙服を脱ぎ1気圧の中に戻る、
ということを繰り返しています。

この際に、むし歯があると強い歯痛が引き起こされてしまいます。

みなさんは、日本人初の宇宙飛行士である「毛利衛さん」をご存知でしょうか?

彼は次のようにコメントしています。

「95年の選抜では、親不知とむし歯の治療をしないまま2次選抜に臨んだため、不合格通知の紙にはしっかりと『歯科治療の必要を認める』という一文があった」

このように、むし歯があると宇宙飛行士にはなれないということが証明されました。

ちなみに、JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると「むし歯があっても、フライト前にちゃんと治療すれば大丈夫」だそうです。

それでは、もし治療をした歯が急に宇宙で痛くなってしまったらどうすれば良いのでしょうか?

第一の対応策は、痛み止めの服用です。

痛み止めを服用しても、痛みが引かない場合は医師の指導の下、他の宇宙飛行士が歯を抜かなければなりません。

国際宇宙ステーションの船長を務めていた宇宙飛行士の若田光一さんは、「歯を抜く訓練は、地上にて受けている」とコメントしました。

医師の指導の下とはいえ、素人が歯を抜くことを想像するのは恐ろしいですよね。

宇宙は無重力のため、地上と同じような歯の治療が行えないのです。

もし、地上と同じ治療をした場合、水や削った歯が飛び散ってしまい大変なことになります。

もし、このブログを読んでいる方の中に「将来の夢は宇宙飛行士」だという方がいれば、むし歯にならないようしっかりと予防をしましょう!


歯に関するご相談・ご予約はお電話にて承っております。

関連記事

  1. 野生動物は虫歯にならない?

  2. 授乳期の赤ちゃんのむし歯予防

  3. 歯科ドックってなに?

  4. 八重歯が可愛いと感じるのは、日本人だけ?

  5. 歯垢と歯石、定期的なクリーニングをしよう!

  6. 妊娠中に歯医者に行っても大丈夫?