歯の着色の種類

できるだけ歯が着色するのは避けたいですよね。

日本人のもともとの歯の色は、やや黄色みを帯びた白色です。

着色する原因は主に2つあります。

1つは、外因性のもの。そしてもう1つは、内因性のものです。

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう!

歯の外側のエナメル質は、「ペリクル」という薄い膜で覆われています。

この膜は、主に唾液成分から構成されています。

飲食物に含まれている色の成分が、ペリクルを介して歯に付着したり、ペリクルに付着した物質が化学反応を起こして変色したりします。

これらが外因性の着色(ステイン)です。

タバコのヤニは、歯に着色しやすいと言われています。

タバコをよく吸う方は、着色汚れに気をつけましょう。

コーヒー・赤ワイン・お茶・紅茶などに含まれているポリフェノールが着色することがあります。

ポリフェノールは、金属イオンと化学反応を起こし着色することが分かっています。

食品や血液、唾液には鉄イオンやカルシウムイオンが含まれているため、着色が促されてしまうのです。

象牙質が着色すると、外層にあるエナメル質から透けて見える場合があります。

また、エナメル質や象牙質の形成時に着色成分が移行するパターンもあるのです。

【歯髄による着色】

歯の中心部には「歯髄」が存在します。

歯髄には、神経や血管が通っているんですよ。

強い衝撃を受け、歯髄が壊死すると歯の内部が着色してしまうのです。

その結果、外から見たときも着色して見えます。

【加齢による着色】

私たちは年を重ねると、歯の象牙質が淡褐色から褐色へと色が変化します。

また、外層のエナメル質が薄くなると、象牙質の色が見えやすくなるのです。

テトラサイクリンなどの抗生物質は、多量に摂取すると歯が着色する可能性があります。

妊娠中期以降の妊婦さんがテトラサイクリンを摂取すると、お腹の中にいる赤ちゃんの歯にも影響すると考えられています。

次回は、ご家庭でできる歯の着色予防についてお伝えしていきます!

歯に関するご相談・ご予約はお電話にて承っております。

関連記事

  1. 口の中の傷は早く治りやすい?

  2. 酸蝕菌(さんしょくし)ってなに?

  3. 歯磨きはどの時代から始まった?

  4. 親知らずってなんで生えるの?抜いた方がいい?

  5. 源頼朝の死因は歯周病!?

  6. 妊娠時に気をつけるべき口腔内の変化