口内炎ができた時に摂取するべき栄養素

口内炎は、体調不良・睡眠不足・ストレスが溜まっている時にできやすいです。

一度できると気になって、舌で触ってしまうこともありますよね。

みなさんは、口内炎ができた時に摂るべき栄養素をご存知でしょうか?

今回は口内炎に効くおすすめの栄養素を、4つお伝えいたします!

ビタミンAには、身体の抵抗力を高める・消化器官の粘膜を正常な状態に保つ・口腔内を保湿するという働きがあります。

ビタミンAが含まれている食材は以下の通りです。

レバー、にんじん、カボチャ、牛肉、うなぎ、アナゴ、バター、卵黄、海苔、わかめ、ほうれん草、ひじき、春菊、モロヘイヤなど

ビタミンBには、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6などがあります。

この中でも特に口内炎に効果的なものは、ビタミンB2とビタミンB6です。

ビタミンB2は、「皮膚や粘膜のビタミン」と呼ばれています。

脂質を身体のエネルギーに変換し、皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあります。

ビタミンB2が含まれている食材は以下の通りです。

納豆、ブロッコリー、うなぎ、干ししいたけ、脱脂粉乳、牛乳、卵、ししゃも、海藻類など

ビタミンB6は、酵素を助ける補酵素として働きます。

脂質の吸収・タンパク質の合成などに関わっているのです。

ビタミンB6が含まれている食材は以下の通りです。

鶏ささみ、マグロ、キャベツ、アボカド、バナナ、乾燥パセリなど

ビタミンCには、免疫力や抵抗力を高めてくれる働きがあります。

さらに、口の中の傷や炎症を改善してくれる効果も期待できます。

ビタミンCは水溶性のため、食材を水で洗っている際にも流れ落ちてしまいます。

ビタミンCは、スープにすることで効率的に摂取できますよ。

ビタミンCが含まれている食材は以下の通りです。

レモン、みかん、キャベツ、パプリカ、ブロッコリー、カボチャ、ジャガイモ、サツマイモ、緑茶など

亜鉛には、免疫細胞を活性化させる働きがあります。

亜鉛が含まれている食材は以下の通りです。

牡蠣、干し椎茸、煮干し、ココア、ごま、卵、チーズ類など

次回は、口内炎がある時に控えた方が良いものをご紹介いたします!


歯に関するご相談・ご予約はお電話にて承っております。

関連記事

  1. 口臭の原因とは!?

  2. あなたは大丈夫!?間違った歯の磨き方

  3. 抜歯した歯を冷凍保存できる!?

  4. 酸蝕菌(さんしょくし)ってなに?

  5. 夏になると唾液の量が減ってしまう!?

  6. 歯に関する疑問 Q&A