乳歯の虫歯が永久歯にも影響を及ぼす

乳歯の虫歯が永久歯にも影響を及ぼす

 こんにちは!!平野歯科医院 藤沢です。

「子どもが歯医者を怖がって連れて行くのが大変!」と悩まれているご家庭の方も多いのではないでしょうか?大人でも通院が嫌になって、途中で治療をやめてしまわれる方もいますよね。

 「乳歯の虫歯は放っておいてもいずれ抜けるから放置しておいて大丈夫」と考える方も中にはいらっしゃるかもしれません。
結論から言いますと、そんなことはありません。乳歯の虫歯を放置しておくと永久歯にも影響を及ぼします。

 乳歯の虫歯を放置して起きるさまざまなリスクをご紹介します。

 まず、1つ目に永久歯が虫歯になるリスクが高まります。

乳歯が虫歯になったということは、すでに虫歯菌を保持しているということです。そして、その虫歯を放置することで、どんどん虫歯菌が増えてしまいます。そんな口内環境で永久歯が生えてくるのですから、当然その永久歯が虫歯になるリスクが高まってしまうのです。永久歯が生えてくる口内環境はなるべくいい環境にしておいた方が、永久歯も強く育つのです。

 2つ目に、永久歯の歯並びが悪くなるリスクが高まります。

虫歯になると乳歯が抜けるのが早くなったり、逆になかなか抜けず残ったままになって永久歯の成長を妨げることがあります。例えば、早めに抜けてしまうとその場所に歯が無い期間が長くなります。歯と歯の間に隙間ができると、自然に両隣の歯が間を埋めようと近づいてきます。その結果、永久歯が生える十分なスペースがなくなり、斜めに生えてしまうことがあります。

また、なかなか抜けない場合、乳歯が邪魔で永久歯が真っ直ぐ出てこられません。その結果、永久歯が斜めに生えてしまうことがあります。

 他にも、乳歯の虫歯を放置して、永久歯が形成不全や変色を起こす可能性もあります。

このように乳歯の虫歯が永久歯に及ぼす影響はさまざまあります。「いずれ抜けるから」と甘くみていてはいけません。定期的な検診と自宅でのケアで、まずは虫歯にならない口内環境作りを目指しましょう。

歯に関するご相談・ご予約はお電話にて承っております。

関連記事

  1. 歯のクイズですよ!!

  2. 歯にまつわることわざ・慣用句【中級編】

  3. 口臭に気をつけよう!口臭の原因とその予防

  4. 八重歯が可愛いと感じるのは、日本人だけ?

  5. 抜歯した歯を冷凍保存できる!?

  6. 歪みの原因に?習慣や癖に気をつけよう!