地域のホームドクターを目指して、私たちは皆様の健康をサポートします。

診察のご案内

小児歯科PEDODONTICS

小児歯科において、一番大切なことは、予防にあると考えます。
乳歯は永久歯が萌えてくる間の代わりの歯ではありません。乳歯の時のお口環境は、後から萌えてくる永久歯に大きな影響を与えます。乳歯を大切にすることにより、永久歯のきれいな歯並びや強い顎を育ててくれます。
当院は小児歯科では皆様の大切なお子様の、虫歯治療・予防やブラッシング指導を行っています。乳歯から永久歯へと大切にしていくことをお手伝いさせていただきたいと思います。

お子様の歯磨きでのポイント

お子様の歯磨きでのポイント

歯磨きのスタートは、6カ月~1歳くらいが目安です。この時期は間食も少なく、唾液の自浄作用で十分清潔に保てるいます。なので、しっかりみがくよりも慣れさせる感覚での歯磨きでかまいません。
歯磨きは幼いころに正しい歯の磨き方をしっかりと教えてあげることが大切です。誤ったブラッシング法で覚えてしまうと、しっかり磨けずに虫歯の原因となります。親子で一緒にお口のケアをしていきましょう。

親子で一緒に歯を守りましょう!仕上げ研きには4つのポイントがあります。

Point1 歯ブラシは歯の面に直角にあてる

歯ブラシは歯の面に直角にあてる

歯ブラシの先を歯の面にまっすぐあて、歯茎を傷つけないように優しく丁寧に磨きます。
歯の表面の汚れを落とすには、歯ブラシの先を歯の面に直角にあて、こまかく振動させることがポイントです。

Point2 奥歯の溝をみがく

奥歯の溝をみがく

奥歯と奥歯の噛み合わさる部分の溝は、汚れのたまりやすい部分です。また磨きづらい部分でもあり、最も虫歯になりやすい部分です。溝にそって、手前にかき出すようにして汚れをしっかり取り除きましょう。

Point3 前歯は念入りに

前歯は念入りに

上唇の裏側にある上唇小帯(唇と歯茎をつないでいる筋)も歯ブラシで傷つけないように、優しく磨きましょう。はじめは抵抗があるかもしれませんが、人差し指で上唇を押さえ、人差し指に歯ブラシをそわせるように磨くと痛がらずに磨けます。

Point4 奥歯の側面もみがく

奥歯の側面もみがく

奥歯の側面の上の部分を磨く際のポイントは、口を大きく開けようとはせずに、小さく開けるとほほがゆるみ磨きやすくなります。下の部分は 「アー」と言わせながら磨くと、舌が下がりよく見え磨きやすいです。

フッ素塗布について

乳歯・永久歯に関わらず、生えたての歯は柔らかく磨きにくいので虫歯にものです。完全に硬くなるには生えてから2~3年かかると言われています。
そこで当医院では、早くに歯の質を硬くし、歯自体の抵抗力をつけ、虫歯になりにくい強い歯を作るために「高濃度フッ素の定期的塗布」と「低濃度フッ素含有歯磨き剤の毎日の使用」をおすすめしています。

フッ素塗布には、歯にいい3つの効果があります。

虫歯の修復効果がある
歯にいいことその1
虫歯の修復効果がある

歯に大切な「リン」や「カルシウム」を歯に取り込みます。初期の虫歯には修復効果が期待できます。

強い丈夫な歯をつくる
歯にいいことその2
強い丈夫な歯をつくる

虫歯の原因である虫歯菌が酸を出さないように働きかける効果があります。

虫歯菌の活動を抑える
歯にいいことその3
虫歯菌の活動を抑える

歯の表面にフッ素が染み込むことで、むし歯菌の酸に強い結晶を作ります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ