地域のホームドクターを目指して、私たちは皆様の健康をサポートします。

診察のご案内

インプラントIMPLANT

虫歯や歯周病、突然の事故など、様々な理由でどうしても歯を失ってしまう場合があります。歯を失うということは、「今までのようにおいしく食事を楽しめない。」・「正しい発音が難しい。」などのとても辛い悩みを抱えることになります。
インプラント治療は、失ってしまった自分の天然歯の根替わりに、人工歯根を入れて、失ってしまう前のような噛み合わせの機能を回復させる治療のことです。インプラント治療により、再び食事や会話を楽しめるようになります。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

自分の歯のような最自然な噛み合わせを実現します。

インプラントは自分の歯を完全に失ってしまった場所に、替わりに人工の歯根を埋め込み、その上に新しい歯を作り、以前のような噛み合わせに回復させる治療です。
歯を失ってしまった場合の治療方法はいくつかありますが、その中でもインプラントは唯一歯の「根っこ」を新しく持たせる治療です。
歯の根っこというのは、歯を支え、ものを噛む時の力にとても重要関わってきます。噛む力が弱いと固いものが噛めず食べられるものにも制限ができてしまい、楽しいお食事も半減してしまいます。また、入れ歯やブリッジのように、ぐらついたり、ずれたりすることや、周りの歯を傷つけてしまうことがありませんし、きれいな自然の歯に見えるという審美性に優れています。
このようにインプラントは、多くの利点を持っています。ぜひ選択肢の一つとして考えてみてください。

インプラントが歯を強く支える理由

インプラントが歯を強く支える理由

インプラントには、骨と結合しやすいチタンという金属を使用しています。

インプラントの根っこの部分は、人工歯根と呼び、顎の骨の中に埋め込みます。そしてチタンと呼ばれる金属で作られています。このチタンという金属は、 骨と非常に結合しやすい性質を持っています。
その理由には、チタンが分子レベルまで骨と非常に似ている組織をしているということが上げられます。
通常ですと、骨は生きている組織のため、異物があると、骨はそれを排除とします。しかし、チタンは骨と同じような組織のため、骨が異物だとは思わずに、逆に結合を始めるのです。そのため、人工的に埋め込んだインプラントでも、自分の天然歯と同じように強く支えることが出来るのです。

手術の流れ

カウンセリングや検査を十分に行い、インプラント治療が適していると診断出来れば、手術に進みます。 以下のような流れで手術を行います。

Step1

Step1

インプラントを埋め込むために、歯肉を開いて顎の骨にインプラントの人工歯根(根っこの部分)を入れる穴を、専用のドリルで骨に形成します。



次へ

Step2

Step2

骨に開けた穴に人工歯根を埋め込みしっかりと固定させます。そして開いた歯肉を上から閉じ、人工歯根を完全に埋没させて、骨とチタンがしっかり結合するのを待ちます。

骨とチタンは数ヶ月間でしっかり結合します。
その後、骨とチタンが結合したら、人工歯と連結ためのアバットメントという器具と仮の歯を装着し調節しながら、歯茎の治癒を待ちます。

次へ

Step3

Step3

患者様に合わせた自然な人工歯を装着し、手術は全て終了となります。手術後はこれからのメンテナンス方法などを詳しくご説明致します。

また、インプラントを長持ちさせるためには定期的な検診が重要です。一緒にケアして行きましょう。

 

このページの先頭へ